ホーム > 研究者情報

プロフィール

氏名 伊藤 貴祥
氏名(カナ) イトウ タカヨシ
通称等の別名
所属機関名 龍谷大学 法学部 法律学科
職名 講師
eメール ito@law.ryukoku.ac.jp
携帯メール
URL
科研費研究者番号 80801563
ORCID ID

学位

No. 取得年月 学位名 学位・授与機関
1 言語学博士 ソウル大学校
2 文学修士 ソウル大学校

担当経験のある科目

No. 科目 機関名
1 アジアの伝統文化と現代 関西大学
2 日本語の構造 ソウル大学校
3 韓国語 九州産業大学, 龍谷大学
4 日本語 威徳大学校, 釜山外国語大学校

経歴

No. 年月(From) 年月(To) 所属 部署 職位・身分
1 2017年4月 9999年 龍谷大学 法学部 講師
2 2016年10月 2017年3月 関西大学 文学部 非常勤講師
3 2016年4月 2017年3月 九州産業大学 言語教育研究センター 非常勤講師
4 2015年3月 2016年2月 釜山外国語大学校 日本創意融合学科 助教授
5 2010年3月 2013年2月 威徳大学校 日本言語文化学科 助教授
6 2013年3月 2013年8月 ソウル大学校 言語学科 非常勤講師

委員歴

該当データはありません。

所属学協会

No. 所属学協会名
1 朝鮮語教育学会
2 朝鮮学会
3 日本言語学会

一言コメント

最近の趣味は本をスキャンしてデジタル化すること、所謂「自炊」です。デジタル化された本の利便性もさることながら、デジタル化作業そのものに魅力を感じています。

<経歴、専門分野、著書>
ソウル大学校人文大学言語学科博士課程修了、言語学博士 言語学
「高麗時代墓誌銘詩押韻研究─高麗漢字音の干渉を中心に─」、「青年層東南方言の上声型の変化様相」、「初期諺解文献の東国正韻式漢字音研究─註音誤謬と複数音意味区別様相を中心に─」、「東南方言声調の地域的分化研究」、「中世韓国語去声1 音節体言の平声化─平声化の音韻論的条件を中心に─」等